・web Real Relate

UCHUSENTAI:NOIZ 新宿LOFTで7日間連続ワンマンライブ開催インタビュー

uchusentainoiz.jpg

「地球の平和を守る為、遥か遠い宇宙からやって来た5人の戦士達」UCHUSENTAI:NOIZ。2000年結成。5人編成 ヴィジュアル系ロックバンド。
 ライブを"パトロール"、ファンを"隊員"と称し、地球の平和を守るヒーローとして活動中。ボランティア活動も積極的に行い、フィリピンの貧困地に2万本以上の歯ブラシを届けるなど、地球規模の活動を実践している。
 2013年4月30日〜2013年5月6には ESAKA MUSE にて 7日間連続イベントライブ開催に続き、2013年7月22日〜2013年7月28日には 新宿LOFT で7日間連続 ワンマンライブを開催。さらには7月〜11月にかけて5ヵ月連続のシングルリリースなど、突拍子もない発想を実現させ、シーンを騒がせているUCHUSENTAI:NOIZの更なる挑戦! 彼らの心髄に迫る!(interview:ほんだ/新宿LOFT)



"思いつきと悪ノリです"


── 7月〜11月まで、5ヵ月連続のシングルリリースが決まっておりますね。

ANGEL-TAKA:このメンバーになって、やっと2枚目のシングルなんですけど4年ぶりのシングルになります。今回は普通に出しても面白くないので、5ヵ月連続で5枚出そうということになりました。
── 今回の作品で新しい試みはどんなことでしたか?
ANGEL-TAKA:曲調かな。特にマーボー(MASATO)の曲は、今までに無かった感じになったと思う。
MASATO:前作までのサウンドは、バンドという枠で4年間やってきた中で、基礎から発展したものまで出しきった形になったので、今回はプレイヤーとして新しい姿で好き勝手やろうかなと思って。だから別物のバンドみたいな感じもあります。
── 曲を作る時って、ライブを意識されたりするんですか?
MASATO:意識して10年間作ってきたけど、今回はライブに向いてるのか向いてないのかという自分との戦いは無かったです。もちろんライブに向いてるものしか作らないですけど、そこを特に意識して取り組んだかっていうと、そうではないですね。
── では、5か月連続シングルリリースにしたのはどういった考えからですか?
ANGEL-TAKA:「もうシングルは出さない」って話していたこともあるんですが、「出さない」って言ってみたり、「出す」って言ってみたり(笑)。
:思いつきと悪ノリです(笑)。
MASATO:今回は思いっきり不安になってもらおうかと。
── どういうことですか?
ANGEL-TAKA:良い意味でもあるけど、ジャンルが変わるのかなぁって思うかもしれない。
MASATO:この5枚は面白くバランスがとれていたんで、安心する曲調のものも当然あるけど自分が作った5ヵ月連続の最後のシングルでまた不安になるんだろうなと思う(笑)。
ANGEL-TAKA:最後、不安にさせちゃう的な(笑)。
YAMATO:たまたまなんですけど、今回、作詞作曲している3人とも共通しているテーマが“好き勝手にやろう”というところで、「リスナーが共感してくれないんじゃないか?」と考えたりすることもなく、メンバー5人全員が牙を研いだ作品になったんじゃないかと思います。
ANGEL-TAKA:YAMATOの曲は隊員が安心する曲やね。キタキタ!これ! みたいな。
YAMATO:安心枠です(笑)。
:YAMATOの曲は暑苦しい! 全部聴いてて、「あ! これYAMATOの曲!」っていうのがわかる。
呼太郎
僕は2曲作ったんですけど、両極端に明暗で分けるというイメージで作りました。もともとメタルがすごく好きで、ひとつはテクノっぽい打ち込みの音と得意な
メタルを融合しました。この曲は結構時間かけて作ったんですけど、もう1曲は自分の背後霊にインスピレーションを受けて1〜2日で出来ました。
── 背後霊…(笑)。
:呼太郎の新たな扉が開いて閉じて開いて閉じて(笑)。
ANGEL-TAKA:シングルはアルバムほど全体のバランスを考えるということがないから、より自由な発想で作ることが出来ましたね。
MASATO:それはあるね。曲を作る時、アルバムはその曲の居場所を考えてしまう。
──ということは、シングルで出したことによって、枠に捉われない自由な作品を各5タイトルで作ることが出来たということですね。7月に新宿LOFTで開催される7日連続ライブは、このシングル発売のイベントというわけではないんですよね?
ANGEL-TAKA:今やっているライブはCDのリリースツアーではなくて、ひとつひとつのワンマンをリリースの事などにとらわれずに、自由に楽しんでいこうというライブであって、発売記念ライブというのは今は特に考えてないです。
:でも、やるかもしれないっすよ(笑)。いきあたりばったりですから(笑)。
ANGEL-TAKA:事務所やレコード会社がついてるわけじゃないから、大人の事情が全くないバンドやし、事情があるとしたら宇宙の事情だけですね。
:宇宙の事情というのをメンバーが一番ドキドキしてる(笑)。
── 宇宙の事情だと突然リリース記念ライブが決まっちゃうかもしれない(笑)?
YAMATO:それをツイッターで知るみたいな(笑)。
呼太郎:あーあるある!

ANGEL-TAKA:宇宙の事情は勢い重視やね! 我々の活動はすべて本気でぶつかっていかないと隊員に失礼だと思うから。がむしゃらな僕らを観てもらいたい。ライブもがむしゃらだし、活動もがむしゃらにやってます。


"サーカス団のような活動をしたい"

── そこで7月にまさにがむしゃらな企画、新宿LOFTでの7日間連続ワンマンライブの内容はどんな感じになりそうですか?
ANGEL-TAKA:まだ日にちもありますから、内容すべては決めてないです。(※4月中旬現在)。
日程ごとに各メンバーが1日ずつワンマンをプロデュースして、それぞれがソロでオープニングアクトを飾ってというのは考えてますが、細かい詰めはもうちょっと先です。
── それぞれ、自分がプロデュースする日は何をしようと考えてたりするんですか?
ANGEL-TAKA:今決める(笑)!?
:そうしましょう! 当日来たら、全然違うことしてるということもあるかもしれませんが(笑)俺の日はカップルでしか入れへんとか、そういう日にしようかな。
ANGEL-TAKA:それ、隊員激減や!
:失礼やな(笑)。「激減です。お前らごときに彼氏や彼女なんか出来ひん」って言ってるようなもんやから。
ANGEL-TAKA:失礼やったな(笑)。
MASATO:まぁリアルにそうだろうなとは思いますけど(笑)。
── 大阪のESAKA MUSEでも7日連続のイベントが4月30日〜5月6日に開催されますが、こちらは対バン形式のライブになります。どういう基準で対バンを決めていったんですか?
ANGEL-TAKA:自分達が一緒にやりたいと思ったバンドもいるし、ESAKA MUSE 一押しのバンドが出ていたり、仲が良いバンドに出てもらったり、若手バンドが出る日があったり、パンクの日があったり。日によっては女性ヴォーカルDAYもありますね。
:その日は女性ヴォーカルしか出ません。
ANGEL-TAKA:ギャルバンのUCHUSNTAI:NOIZが出るかもしれない!
── もしかしてANGELさんが女装……(笑)?
:ANGELさん可愛いんですよ。
── この7DAYS企画が立ち上がったきっかけは何だったんですか?
ANGEL-TAKA
ずっと前から、サーカス団のような活動をしたいと思ってたんです。サーカス団って同じ地域にテントを張って1週間なり1か月なりの公演をやるから近くに住
んでいる人たちの予定が空いてたらいつでも来れるんですよね。それで、お仕事や学校の都合があっても、1週間あればどこかで来れるかなということで7日間
が良いかなと。我々にとっては7日間連続ライブは全然余裕のペースですが。
:39日連続ライブとかしましたからね。この1週間、何が起こるか。
ANGEL-TAKA:LOFTさんにもいろいろ相談させていただきますので♪
── 震えて待っています(笑)。

:俺らもね(笑)。

"歴史が変わったって言ってました"

── 今お話にあがった39日連続ライブだったり、7日間連続ライブだったり、企画出しはどうやってやるんですか?
ANGEL-TAKA:メンバー間の雑談から始まることが多いですね。
MASATO:リーダーの考える企画は、いつもちょっとだけ無理なことがあるんですよね。可能ラインのちょっと上みたいな。
ANGEL-TAKA:遠慮して言ってソコですから。
MASATO:でもそういう発想が出来る人って生まれ持っている気がするんですよね。突拍子のないことにも枠組みがあるなぁって思っちゃう。いとも簡単に飛び越えられる人間ってわりと少ないんじゃないかな。
ANGEL-TAKA:今までの中で一番難しいと言われながらも実現したのは、フィリピンの山奥のジャングルでライブをやって、それをU-STREAMで流したことですね。結構無理そうなことも「出来るんちゃう?」って言って出来たこともあるんです。8割は出来ないですけど(笑)。
── ジャングルでライブをやった時って、見に来てたお客さんはいるんですか?
:村人が見ていました。護衛の人がみんな銃を構えていて、車が着いた瞬間に目の前に機関銃を出されましたけど。
ANGEL-TAKA
めちゃめちゃ危ない雰囲気でしたけど、かなり楽しかったし貴重な経験できました。ボランティアでフィリピンに歯ブラシを配りにいった時に、アコースティッ
クライブをやって帰ってくるつもりだったんですけど、「ロックなライブみせてください!」って村中の機材を集めてくれて、村人が特設ステージを作ってくれ
たんです。
MASATO:その公演のチラシを村に貼ってくれたんですけど、ジャングルの木々に貼られてるんですよ(笑)。
:その後ろを牛が歩いているっていうね(笑)。
ANGEL-TAKA:この村にロックバンドが来たのは初めてだったらしく、歴史が変わったって言ってました(笑)。
── そうやって、一見不可能だと思えることも、形にしていけるってことですね。例えば、実現しなかったことは、どんなことなんですか?
:ライブ当日に犬100匹欲しいと言った人もいましたね(笑)。
MASATO:それを言ったのはANGELさんなんですけど(笑)。
YAMATO:発想力には脱帽ですわ。
ANGEL-TAKA:ステージにヤギ出そうとしてダメだった事もあったよね。その日レンタルのヤギがお休みだったんです(笑)。
YAMATO:以前ステージに卓球台出したから、次は生き物を出したいってそんなノリだった気がする(笑)。

ANGEL-TAKA:僕が歌っている横でヤギがじーっと立っていてくれていたら、それだけでも面白い。その時点でデュエットじゃないですか。ヤギとデュエット♪ただ動物虐待とも言われかねなかったかもね。

"めちゃくちゃ個人主義ですよ"

──
そういった突拍子もない企画を実現しつつ、ステージの見せ方やパフォーマンスにもこだわりを持っていらっしゃるのはUCHUSENTAI:NOIZの魅力
だと思いますが、わかりやすいところでお伺いすると、オープニングで変身したりやエンディングでのパフォーマンスは今までずっと貫いてやられてますが、そ
こに対してはこれからも変わらず続けていくんですか?

ANGEL-TAKA:たぶん続けていくんじゃないですかね。ヒーローとして地球の平和を守るためにやってきた5人の戦士達っていうところでやっているので、例えば演奏時間が15分しかないイベントでもオープニングの変身とエンディングのポージングは曲を削ってでもやってます。
MASATO:そこに自分たちを苦しめるような美学を持っているということではないんですよ。やるべきこととして捉えているんですけど、オープニングとエンディングで8分あるんです。15分しかないイベントだったら1曲しか出来ないんですよ(笑)。それでもやるんです。
一同(笑)
MASATO
今までの経験上で言うと、ワンマンで変身をやらない時もあったんです。それに捉われて身動きがとれなかったりとか、表現の幅が広がらないってことはないと
思うんですけど、基本的にはやります。変わらないことも美学だと思うし。構築したものだからブレたくもないし。いたずら心も忘れたくないですね。
ANGEL-TAKA:挨拶みたいなもんですかね♪
── 2009年にメンバーチェンジがあり、YAMATOさんと呼太郎さんのお2人が加入されて、ライブの形は変わりました?
:2人がステージで何かすると隊員がキャッキャするよね。
── 呼太郎さん&YAMATOさんのステージの見せ方も個性的ですごく魅力的ですよね。
YAMATO:ワンマンだと僕のコーナーがあるんですが、あれやらされてる訳ではないですよ!
MASATO:そういうところはバンド間の相談はしないから、こっちも「何かすんの?」ぐらい。
:タイムテーブルの名義上はドラムソロですからね(笑)。
ANGEL-TAKA:やりたいことがたくさんあるメンバーが集まったんですね。
── 特に話し合いは無いんですね。
YAMATO:無いです。ツアーの前の最終ゲネでみんなに披露して、「おもろいやん!」で終わりです(笑)。
MASATO:YAMATOに「ドラムソロやらないの?」って言ってるのに(笑)。
YAMATO:2
年に1回ぐらいしかドラムソロやってない(笑)。毎回やりたいことがいっぱいあって、それをやらせてもらえる環境なんでやってるんですけど。ドラムソロで
やりたいことよりも、コントだったりダンスだったり、自分が歌いたいみたいな(笑)。それってこのバンドじゃないとなかなか出来ないことだなと。それもバ
ンドの幅として捉えてもらえるというか。
── メンバー個々の発信で成り立ってるんですね。
MASATO:めちゃくちゃ個人主義ですよ。個人主義の5人が集まってソリが合わなかったらやれてないから。安定ほどつまらないものはないですよね。

YAMATO:常に変化があるバンドですね。

OMI_9175aokabe.jpg

"プロフェッショナルUCHUSENTAI:NOIZ"

── 長年活動してきて、それぞれメンバー間の役割ってありますか?
:俺は雑用ですね。
YAMATO:音のアレンジはみんなで決めるんですけど、一番シビアに決めるのはMASATOですね。
MASATO:それとオープニングSEを作ってます。ツアーごとに変えているんで。BGMとかも用意するし、 セットリストはリーダーからの要望を吸い上げるとかケースバイケースですけど。
ANGEL-TAKA:資料関係の作成はYAMATOが多い。
MASATO:呼太郎にはライブチケットを取りに行ってもらったりとか、叫さんはおつかいに行ってもらったりとか運搬(笑)。
YAMATO:同年代のバンドの友達とかと話すと、「え! そんなこともやってるの!?」ってなるんですけど。
MASATO:元々はどのバンドもそうだったはずで。
ANGEL-TAKA
ライブ制作をどっかの会社に振ったりしてるバンドも多いですが、メジャーからインディーズに戻ったことで、全て僕らだけでまわしていける。それがマイナス
なイメージのインディーズではなくてUCHUSENTAI:NOIZというメジャーチームになっていってる感じです。それと、メンバーみんなそうかもしれ
ないですけど、人の失敗が許せないんです(苦笑)。
:メジャーでもインディーズでもやって、プロフェッショナルUCHUSENTAI:NOIZを作りました。
ANGEL-TAKA:自分たちがスタッフを選んで何か失敗したとしても、それは自分たちの責任だから許せるんです。
MASATO:言い方が悪いわ(笑)。自分のケツは自分で拭けるちゅうことっすよ。

ANGEL-TAKA:そうそう! 少しずつ成長して自分たちの悪いところも全部、理解しながら進んでいっているところです。

"メンバーからメンバーを見て"

ANGEL-TAKAからみたMASATO
ANGEL-TAKA:確認してさばいてくれる感じ。みんなで「こう行こう」って言っても、「こう行ったら悪いことがあるんじゃないか」って意見を言ってくれる。
MASATO:一応こういうデメリットがあるかもしれないよっていうのは言っちゃうね。ノリ悪いと自分では思うんだけど。
ANGEL-TAKA:でも、MASATOがそう言ってくれることで、もう一度みんなでちゃんと考えるきっかけにもなるから。それを防止する策を考えないとねっていうことをみんなで考えられる。
MASATOからみたYAMATO
MASATO
出会った頃のYAMATOは別人のような気がする。今はすごい立派なドラマーになってくれたなぁと。最初は突き抜けたいっていう意志はすごく見えるのに爆
発してなかったように見えた。お互いの足りないものを補って、もうちょっと突き抜けた領域にいけるんじゃないかなって話はスゲエしましたね。そんなことを
いろいろ繰り返しながら、お互いに違う色のものを持ってたりするかなぁ。
YAMATO:そうですね。わりと神経質な2人組というか。
YAMATOからみた叫
YAMATO:え〜と…。
:見るな(笑)!
YAMATO:叫ちゃんは対バンの方ともフレンドリーで、盛り上げ役で「楽屋おじさん」って言われるんですけど、本当はかなり繊細だと思います。叫ちゃんからはロックを教わりました(笑)。先輩後輩みたいな年齢はあんまり気にしない方なんですけど、兄貴だなと思います。
:一番最初にバンドマンはクズだから楽しいんだよってってことを延々と教えてた(笑)。「ロックとはろくでなしやで」って。
叫からみた呼太郎
:末っ子ですよね(笑)。わかりやすい末っ子やもんね。好きなことに対してのめり込むのはみんな一緒やねんけど、呼太郎だけじゃなくギタリスト2人ともそこが斜め飛びなんです。真っ直ぐにいってない。面白いですね。
呼太郎:もっと叫さんみたいに面白くなれるように頑張ります。
:昔はマーボーが末っ子やなと思っとったけど、呼太郎が入ってマーボーがちょっとお兄ちゃんになってきて、これがまた面白いんです。バカギター2人です(笑)。
ANGEL-TAKA:末っ子バカギターしか言ってない(笑)!。
MASATO:照れ隠しにしか見えない(笑)。
呼太郎からみたANGEL-TAKA

呼太郎:とにかく真っ直ぐだなと。何か目標や夢があったら、そこに直球でいく精神的な力強さをすごく感じます。そういうところが尊敬出来るなと思います。歌詞とか世界観にその精神面が純粋に表れているなと思います。

"UCHUSENTAI:NOIZから見た隊員"

── バンドから見て隊員のみなさんはどんな存在ですか?

ANGEL-TAKA:今まで培ってきた絆の深さが、我々と隊員の関係かなと思います。
感受性が強く、何かしら心に傷を持っている人も多いと思う。いただいた手紙を読んで感じたことなんですが、その行き場が我々のライブかもしれない。我々も隊員に支えられて今までやって来れてるし、我々が持ってるありったけのものを渡していけたらと思っています。

:熱いっすからね。笑顔は連鎖しますから、ライブに来て笑えば、一週間頑張れるんだったら、それで一週間頑張ってほしい。笑ってれば楽しいし、それを見てるとこっちも楽しい。だからうちのライブって笑顔でしょ? アーティスト写真には笑顔無いのにね(笑)。
YAMATO:見た目怖いですけど、ライブ中は笑顔が多いですから。
MASATO:楽しいことが嫌いな人はどこを探しても全世界で1人もいないと思うんですよ。そういう当たり前なんだけど気付かないことを、ちょっとだけ知っているコ達なんだろうなと思うんですよ。ちょっと知ってるからお祭りを楽しむ姿勢で俺たちのライブに来るんだと思います。
YAMATO
ある日突然ヒーローになって、俺たちがUCHUSENTAI:NOIZだってやり始めて、嫌悪感を覚えた人もいるかもしれないけど、ファンクラブのイベン
トだったりとかで話すと、僕のことをすごく素直にヒーローとして見てくれている。良くも悪くも突き抜けた素直さが僕らにも共通しているところだと思うし、
隊員の良さかなぁと思います。
呼太郎:とにかく元気っすよね。ライブの時は精一杯楽しんでるなぁというのは。……好きっす!!
:そやな!好きか嫌いかでいうたら大好きや(笑)。
MASATO:好きっすって力あるなぁ!
ANGEL-TAKA:最後に「豚ですね」って言って欲しかった(笑)。
MASATO:隊員を「メス豚」と呼ぶ男ですからね(笑)。
── 7日間連続のロフトでのライブはどう見せていただけますか?
呼太郎:(オス、メス豚供へ)とにかく全力で楽しむ! 以上っす!

OMI_9183jump.jpg



UCHUSENTAI:NOIZ スケジュール

MUSIC MONSTER 777 MAJESTIC CIRCUS OSAKA 7
HUSENTAI:NOIZ企画イベント
4/30 (火) ESAKA MUSE〜5/5(日) ESAKA MUSE

UCHUSENTAI:NOIZ ワンマン
5/6(月祝) ESAKA MUSE


MUSIC MONSTER 777 MAJESTIC CIRCUS TOKYO 7

7/22(月)新宿LOFT ワンマン
YAMATOプロデュースDAY
OPEN18:15/START19:00
オープニングアクト : YAMATOソロ企画

7/23(火)新宿LOFT ワンマン
叫プロデュースDAY
OPEN18:15/START19:00
オープニングアクト : 叫ソロ企画

7/24(水)新宿LOFT ワンマン
MASATOプロデュースDAY
OPEN18:15/START19:00
オープニングアクト : MASATOソロ企画

7/25(木)新宿LOFT ワンマン
呼太郎プロデュースDAY
OPEN18:15/START19:00
オープニングアクト : 呼太郎ソロ企画

7/26(金)新宿LOFT ワンマン
ANGEL-TAKAプロデュースDAY
OPEN18:15/START19:00
オープニングアクト : ANGEL-TAKAソロ企画

7/27(土)新宿LOFT ワンマン
宇宙戦隊NOIZ DAY
OPEN17:15/START18:00

7/28(日)新宿LOFT ワンマン
UCHUSENTAI:NOIZ DAY
OPEN14:15/START15:00


5ヶ月連続シングルリリース決定!
2013年スペースヒーロー新章の幕開け!
新たなサウンドが地球平和の為に鳴り響く!

7月17日発売  「PRECOG」
8月、9月、10月、11月、発売詳細は後日発表

http://uchusentainoiz.com
posted by master+mind | TrackBack(0) | ・web Real Relate
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358224373

この記事へのトラックバック