・web Real Relate

「master+mind」 presents 【Rock is Culture 2013】1月11日ANGEL-TAKA(UCHUSENTAI:NOIZ)×栄二郎(BULL ZEICHEN 88)特別インタビュー!

OMI_8503.rogo.jpg

新宿LOFT主催「mastermindpresents Rock is Culture 2013

ANGEL-TAKAUCHUSENTAI:NOIZ×栄二郎(BULL ZEICHEN 88)対談

新宿LOFT7days ROCKフェスを開催!

世代やジャンルの垣根を超えた新たな可能性・・・

201317日(月)から113日(日)にかけて開催される“新宿LOFTmaster+mindpresents Rock is Culture 2013】”。「mastermind」とは「世代やジャンルの融合」を軸に新宿LOFTで開催してきたイベントで、今回は拡大版として7days連続のロックフェスティバルとなる。そして今回はこのイベントを代表して111日に行なわれる“〜BULL ZEICHEN NOIZ〜”に出演するUCHUSENTAI:NOIZANGEL-TAKA、そしてBULL ZEICHEN 88の栄二郎の対談を敢行した。1週間連続イベントの後半にさしかかるこの日、圧倒的なパフォーマンスとテクニックを兼ね備えている2組の出演を見逃すわけにはいかないだろう。
interview:ほんだなおこ/新宿LOFT 構成:やまだともこ)


"ロックスターとしての立ち振舞いは尊敬しています"(栄二郎)

──今回111日に関しては、イベントのコンセプトでもある“ジャンルの融合”というところに重きを置いて、オールジャンルで活動している、かつ圧倒的なパフォーマンスとテクニックを兼ね備えているみなさんに集まって頂きました。絶妙な対バンだと改めて思っています。

ANGEL-TAKAありがたい。

栄二郎:ハードルが上がりますけどね(苦笑)。TAKAさんは華あるし、上手いし、ロックスターとしての立ち振舞いは尊敬しますね。

── ひさしぶりの対バンになるんですか?

ANGEL-TAKA昨年の秋にやった39日間連続LIVE“MUSIC MONSTER 39”で、東名阪の3日間連続で対バンさせてもらいました。


── お互いの出会いはいつ頃だったんですか?


ANGEL-TAKA
前のバンドとかですよね。

栄二郎:初めてお会いしたのは、僕がまだ10代の頃でした。でも、メンバー個々に異なる現場で面識はありましたよね。


ANGEL-TAKA
ツアー中に出会ったのもありますし、ただの飲み会で出会ったというのもあります。僕お酒飲めないですけど、飲み会に呼ばれていったら、SEBASTIANGt. / BULL ZEICHEN 88)がいたこともあるし、淳士くん(Dr. / BULL ZEICHEN 88)がいたこともある。

OMI_8575.jpg

── 第一印象はどうだったんですか?


栄二郎:これ言っていいのかわからないんですけど……。ただのチンピラにしか見えなかったですよ〜ガラ悪!! って(笑)たしか岡山で一緒にライブをやったのが初めてなんですけど、対バンで行って怖かったですもん。こんな小奇麗じゃなかったし(苦笑)、メンバーみんな悪そうなんですよ(笑)。B系みたいなちょっとダボ系に金髪。地元の友達が多かったんだと思いますけど…その人たちもガラが悪くて(笑)。


ANGEL-TAKA
香川県からツアーに出てたんですけど、田舎モンのバンドで、ファッションもその当時はそれがオシャレとされていたんですよ。


── 喋りかけられない感じでしたか?


栄二郎:そうなんですよ。


ANGEL-TAKA
お互いね。


栄二郎:よう言いますよ。そんなこと。


ANGEL-TAKA
お互い尖ってたなって。


栄二郎:その時のメンバーさんも結構パンチありましたよね。


ANGEL-TAKA
そうやね。ツルツルに剃ってたり、スキンヘッドだったり。リハーサルはメイク前の状態だから、ハードコアのバンドに間違えられたり(笑)。


── 話しかけられないというところから、どうやって意気投合していくんですか?


ANGEL-TAKA
同じような匂いがしていたというか。そういう匂いのするバンドにしか話しかけなかったのかもしれないし。話したってことはお互いに同じような雰囲気を持っていたのかなぁと思います。……洗練された雰囲気じゃなかったのかも(笑)。


栄二郎:バンド歴が、UCHUSENTAINOIZさんも長いし、うちもみんなそれぞれバンドをやっていたので歴は長いんです。だからなのか、波長が合うし、楽屋もラクですね。気を遣われもしないし、気を遣わなくても良いし。


ANGEL-TAKA
盛り上がる時は盛り上がるし、お互い黙ってても大丈夫なバンドです。昨年一緒にやって、どの場所も楽しかったですね。

OMI_8622n.jpg


”誰かの人生を変えちゃうようなヴォーカリストになりたい"

───2バンドともに思うのは、テクニック・楽曲・世界観含めて、簡単にはコピーできないですよね。それは、意識してやられてるんですか?


栄二郎:楽曲について、更なるものということは意識しています。ステージングとかプレイや歌い方は個々がフルに出してますけど、制作の時にひとつ壁を越えて越えたものをどうステージで表現するかっていう各々の戦いです。自分のパートを100%でやって、4人集まった時に100%、120%、それ以上になるっていうところですね。


ANGEL-TAKA
コピーしようと思ったらBULL ZEICHEN 88
楽曲はすごく大変だと思うんですけど、僕らが複雑なことをやり始めたのはここ最近なんです。速弾きやツーバスが得意なメンバーが入ったので、得意なところ
を活かそうということと曲をより面白く聴かせるために、もっともっとという気持ちでやり続けていたら複雑になったというだけで。基本的にはコピーしやすい
バンドになりたいんですけど、制作の途中で気持ちが変わったりするんですよね。前作の自分のテクニックを越えたいと思い始めるので。歌はキャッチーだと思
うんですけどね。ただテンポが速いからしんどいなぁと。僕はツーバスで歌うことに慣れていなかったので、テンポが速いとヴォーカルも表情をつけていくのが
大変だなぁと。でも、キャッチーでありたいとは思っています。


── パフォーマンスもさることながら、どちらのバンドも歌がすごく聴きやすいですよね。


栄二郎:そこが軸っすよね!歌が良くないと!!


ANGEL-TAKA
ポップなものに憧れてバンドを始めているから、歌を一番大事にしています。


栄二郎:うちはメンバー全員歌えるから、なおさら歌をよく聴いてるんですよね。だから、一番突っ込まれますね(笑)でもそれだけ歌が大事っていうところを重視しています。お互いのバンドそうだと思うんですけど、自分のプレイは当たり前に出来た上で、パフォーマンスじゃないですか。UCHUSENTAINOIZさんもうちのメンバーもパフォーマンスがすごいから、なおさらヴォーカリストのハードルが上がるんですよね(苦笑)。


── ヴォーカルの見せ方として、お互いに刺激を受けたりはしますか?


ANGEL-TAKA
目指すところはもっとパワフルなヴォーカルなので、栄二郎くんはパワフルで肺活量もあるし、その辺鍛えてやってるんだなぁと刺激を受けています。


栄二郎:僕は逆で、TAKAさんは良い意味で抜き方がすごく上手いなと。出すところは出して、引くところは引く。ブレスのしかたひとつとってもそうだし。僕の場合は常にフルなんです。たぶんそれを越えたところで、

TAKA
さんみたいな歌い方が出来るようになるんだろうなと、この間ツアーを一緒に廻った時に思いました。


── 栄二郎さんはけっこう喉に無理させている、と。


栄二郎:物理的に無理なことをやっていて(笑)絶叫した後にそのまま高い声で歌いますから。自分でもそういう曲作っちゃうんですけど(苦笑)。


── ツアー中、喉のケアはされていますか?


栄二郎:しますね。前回のワンマンツアーを廻った時に、日程が途切れるんで酒飲んじゃったんですけど駄目ですね・・・。


ANGEL-TAKA
お酒好きなのに飲めないって辛いね。


── ツアー中はお酒禁止なんですか?


栄二郎:基本は飲まないです。お酒自体が悪いんじゃなくて、飲むと喋っちゃうんですよね。歌よりもシャウトよりも、喋る声が一番喉を傷めるんですよ


ANGEL-TAKA
俺もツアー中に食事に行って喋ると次の日に嗄れちゃうんですよ。歌いまくっても嗄れないけど、喋ると嗄れる。


── お2人で食事に出掛けたりとかはするんですか?


栄二郎:まだないですね。


ANGEL-TAKA
一緒に対バンしたのが昨年の39日間連続ライブの時で、その時はライブが終わったら、なるだけすぐに寝るようにしていたので。


栄二郎:そういう時は、同じヴォーカリストだから気を遣いますよ。トークは極力、自分からは避けますね。話したいのはやまやまなんですけど。


ANGEL-TAKA
39日間連続ライブの時にいっぱい話掛けてきたのは、ヴォーカリストじゃない人でしたね(笑)。

OMI_8571n.jpg

── ヴォーカリストとしての理想や、今の自分、これからありたい姿のイメージってどんな感じですか?


栄二郎:
れっていう理想はないですね。最初に音楽を始めた時はヴォーカルじゃなくギターだったんですよ。でも、ヴォーカルの方がモテるからって不純な動機でヴォー
カルになったんです(笑)熱いものがあって始めたヴォーカリストさんからみたら、僕は生半可すぎるんですけど、でも今に至ってもまだ歌ってるってことは、
やっぱり歌うことが好きなんだろうなって思うし、もし理想像があって歌ってたら僕は辞めてるんじゃないかなって思ってます。それがまだ何かわからないから
歌ってるのかなって。自分がどうありたいか模索しているというのもあるのかもしれないですね。歌詞も等身大のことしか書いてないし、等身大の今がもしかし
たら理想としているヴォーカルなのかもしれないです。


ANGEL-TAKA

もヴォーカルやる前はギターだったんです。ヴォーカルの方がモテると思って、僕はヴォーカルになりたいからギターを始めたんです。バンドに興味があるグ
ループの輪に入るには、手ぶらでは入りにくかったんで、まずギターをやり始めてその輪に入ったのがきっかけで。そこから、こういうヴォーカルになりたいと
いうイメージが膨らんで、それが今の自分なんです。もっともっと進化させたいですね。ただ、理想の自分って、ずっと欲が出ちゃうから、たぶん一生懸けても
なれないんだろうなと。事務所を独立したことで、ヴォーカリストの活動以外の仕事にもいっぱい手を出していて時間に余裕がなかったんですけど、来年はもっ
と自分の時間を作って、ヴォーカリストとして今の自分を越えていくってことが理想ですね。歌か上手いっていうことではなく、馬鹿みたいな言い方かもしれな
いけど、とにかくスゲエヴォーカルになりたい。自分がろくでもない生活から抜け出せたのは音楽のおかげで、歌のパワーってすごいと思いますし。誰かの人生
を支えたり、誰かの人生を変えちゃうようなヴォーカリストになりたいです。

" ロックの歴史に名前を残せるようなイベントに"

── では今年はバンドとしてどんな年でしたか?

ANGEL-TAKAだいぶ前から始めているんですが、ボランティア活動をバンドとファンで一緒にやってまして、ほんの少し男として成長出来た年だったかなと思います。昨年やった39日連続ライブの自信というのも今年のツアーで生かせたと思います。今年の活動は残すところワンマン2本のみなので、ほぼ終わりですね。(11/19現在)


── 9月にリリースしたアルバム『METEORS』の反応も良かったですし。


ANGEL-TAKA
短い期間で3枚出してきたんですが、3年前の無料配信の時から今回のアルバムに向けていたことが終わって、長いドラマの中のシーズン1が終わりましたという年になりました。フィリピンの子供たちに歯ブラシを届けに行くということだったり、メンバー全員の演奏を見せるという約束を5年かかって果たしたことだったり、いろんな約束を守れた年で、音源のリリースや、39日連続ライブも達成できて、ここから先、新しい方向に向かおうという時期に来ましたね。


── BULL ZEICHEN 888月に『アルバム』のリリースがあって。


栄二郎:僕らは、それぞれのメンバーが忙しくてライブの本数が少ないんですよ。だから、ツアーやライブをやる度にファンの皆におみやげをちゃんと持っていこうと、毎年3曲入りのマキシシングルを出してきたんですけど、今回は7作までの表題曲と3曲の新曲を収録して、全10曲入りのアルバムという形にしたんです。「何だ。ベストかよ」って言われてはいますけど(笑)、新しいファンの子にもBULL ZEICHEN 88がこういうものだっていうのが提示できるし、ずっと見てくれているファンの子にも、「あ、この曲、あの時こうだったなぁ・・・」と当時を思い出してくれても良いかなって。そのために、1
目から発売した順番に並べて、その間に新曲を入れてるんですけど、聴きごたえのあるアルバムになっているんじゃないかなと。あと、ツアーで前作のマキシを
出した時がちょうど震災の時期で仙台に行ける状況じゃなくて、今年は各地のみんなからの義援金をやっと仙台に届けることが出来て良かったと思ってます。


ANGEL-TAKA
お互いボランティアしてるバンドなんですね。良い組み合わせです!


── それに、お互いに集大成的なタイミングだった、と。ところで20131発目のライブがロフトになるんですか?


栄二郎:僕らはロフトですね。


ANGEL-TAKA
来年1発目のライブが3本連続あるんです。その締めがロフト。地方から追っかけてくれる子が多いので、その子たちのことも考えると3日連続の方が遠征組にはとってはラクなんですよね。隊員(※UCHUSENTAI:NOIZのファンのこと)あってのバンドなんで。

OMI_8579n.jpg


── では、2013年はどのような活動をしていきたいですか?


栄二郎:毎年、年末に1ステップずつキャパを広げてワンマンをやってきたんですけど、それが今年はメンバーのスケジュールの都合で年内の活動が10月末で終わっちゃったんです。その欝憤を溜めて、2013年はデカイことをどんどんやっていきたいなと思っています。


ANGEL-TAKA

年大事な隊員たちをドキドキさせたいと思っていて、来年チャレンジしたいことを最近思いついたので、メンバーに相談しようと。あと、海外の方にも目を向け
ようかなというところで、オファーもちょこちょこきているので来年は海外のライブも少し多めに入る予定です。もちろん日本の活動も減らさないように、ガン
ガンライブしたいと思っています。


── 海外のライブってどうですか?


ANGEL-TAKA
やってることは日本と変わらないですよ。MCは無理して英語喋ったりしていますけど。便利な世の中でYouTubeとか見てくれてるので、振り付けがある曲も覚えて来てくれるんですよ。なので、国は関係なかったですね。僕のMCが寒いか寒くないかで(笑)。


栄二郎:基本、万国共通で下ネタは盛り上がりますよね(笑)


ANGEL-TAKA
下ネタ言って盛り上がらなかったことはまず無いですね!健康的な下ネタならね。1
アメリカでちょっとハードな下ネタを言っちゃったんです。日本人でもドン引きするようなことを英語で(笑)。アメリカでもちょっと悪めの子が、悪ふざけで
僕に教えたんでしょうね。それがシャレにならないことだったらしくて(笑)。純な子が多いイベントだったから、主催者に「ANGELさん、それはないよ」と。


栄二郎:おまえらヒーローだろ?って(笑)。


ANGEL-TAKA
そうそう、正義の味方で、そりゃねぇよって。正の字が違うって!(正× → 性)

栄二郎:何のスキル上げてるんですか?(笑)


── 海外のお客さんは特に何年も待ってた方も多いですから。


ANGEL-TAKA
待望のバンドが来て、ドギツイ下ネタ言って(笑)。


栄二郎:111日楽しみにしてます・・・。


ANGEL-TAKA
でも最近、下ネタ言うと隊員たちが怒るんです。俺だけじゃなくて、ベースの叫もドギツイ下ネタ言う時があって。よかれと思って言ってるんですけどね。でも、なかなかファンに怒られるバンドもいないと思うんですけどね。


栄二郎:それだけ親密なんでしょうね。


ANGEL-TAKA
この間はワンマンでブーイングが起きましたから(笑)。でも、お互いのファン同士が似てそうな感じがしますね。うちのライブに、BULL ZEICHEN 88 のファンの子が来てくれたり、隊員もBULL ZEICHEN 88 観に言ったりもしてると思うんで。だから、今回のロフトはすごくいい組み合わせだと思います。両方観たかったっていう人もいっぱいいると思いますよ。それに、僕にとってはロフトは敷居が高いイメージがあってすごく憧れだったんです。ロフトは聖地ですから。


── 栄二郎さんはロフトにライブを観に来られたりはしていたんですか?


栄二郎:地元の先輩である横道坊主さんのライブを観に来たことはありますけど、まさか自分が出れるとは思ってなかったんで楽しみなんですよね。


── 以前のバンドで出演されたりはあるんですか?


栄二郎:ないですね。やっぱり敷居が高いっていうイメージなんです。さっきTAKAさんが言ってたましたけど、日本のロックの歴史を築いた人たちしか出れないイメージなんで。


── では“Rock is Culture”7daysを代表する対談として、イベントに対する意気込みをいただければと。


ANGEL-TAKA
代表だから、チャライこと言ったらダメやな!


栄二郎:ここはANGELで行かないとダメですね(笑)。


ANGEL-TAKA
イベントの名に恥じないようなライブをしつつ、ロックの歴史に名前を残せるようなイベントにしたいです。


栄二郎:ロフトはライブハウスの代名詞的なイメージなので、ここで20131発目にライブが出来るということで、自分たちもテンションが上がるような幸先のいいライブにしたいと思います。


── 今後やってみたい対バンはありますか?


栄二郎:いっぱいいますよ。でもいろんな事情があって出来ないみたいです。そういう垣根をぶち壊してくれるのが、ロフトじゃないのかなと(笑)


── ぶち壊していきたいですね!


栄二郎:音楽のジャンルの垣根ってだんだんなくなってきたじゃないですか。僕らがやっている音楽と違うジャンルって言われている人たちと、どんどんやっていきたいですよね。このイベントを通して、その発信基地がロフトになったら良いんじゃないかなって思います。「Rock is Culture」じゃないですか。ここから文化を作ったらいいんじゃないかと!


ANGEL-TAKA
今回のこの対バンだって、他では絶対見れない対バンですよね。44MAGNUMさんとDEATHGAZEさんの対バンとかすごいですから。


── 世代の融合です。44MAGNUMさんのお客さんにもDEATHGAZEさんを観て欲しいし、世代の違うアーティスト同士の交流の場も作っていきたいという主旨で、両バンドにお願いさせていただきました。


栄二郎:そこからですよ!


ANGEL-TAKA
僕らの日は良い意味で気を遣わずにライブに集中できそうですし、本当に楽しみです!

── ありがとうございました!当日よろしくお願いします!


OMI_8547_rogo.jpg
 

UCHUSENTAI:NOIZ

http://uchusentainoiz.com/


BULL ZEICHEN 88

http://www.bullzeichen88.com/

posted by master+mind | TrackBack(0) | ・web Real Relate

この記事へのトラックバック