・web Real Relate

2011年4月6日公演 after talk

top.jpg

ryo(9GOATS BLACK OUT) + 苑(摩天楼オペラ) + 総史(少女-ロリヰタ-23区)

今年の4月6日に<master+mind 〜A thick triskelion〜>と題して、SHINJUKU LOFT 12TH ANNIVERSARYを開催したmaster+mind実行委員会。
少し時間が空いてしまいましたが、ここで4月6日公演のライブ後のボーカリスト対談を掲載します!!
是非三者三様のボーカリストの世界に触れてください!!

(interview&text:ちびた/photo by:o-mi)

ーー実は歌舞伎町に移転してからの12周年アニバーサリーライブは今回が1発目だったんですよ。
全員
 お〜〜〜〜っ!!! ありがとうございました。kanpai.jpg
ーー今回、3マンという形で行わせて頂きましたが、皆さんお会いしてみて、お互いどのような印象を持たれましたか?
総史 ryoさんも苑さんも、ボーカリストの雰囲気をお持ちですね。オーラが違うなぁと思います。
ryo 苑君とは以前から面識がありました。リハを聴いて、輪をかけて声がずば抜けていたので、流石だなぁと思いました。
 ありがとうございます(照)。
ryo 総史君は、今日初めて会って、目の輝きが…。 
 (俺も)思いました!!(笑)     
ryo  キラッとしてるな〜って…(笑)
 輝いてるな〜って!! 総史さんは、きらびやかって感じですね。
ryo 目が喋ってる感じだよね。
総史 あはは!! 良い事なんですよね?これは…。
ーー(ライブ中)でもイケメンって言われてますしね!
総史 それは、言わせてるだけです! 強制ですからね(笑)。
ーーコールの大きさによって、ライブ中のテンションが変わったりはしますか?
総史 いえ、基本的に変わらないですね。(自分が)ある程度のテンションに行くまでお客さんがレスポンスしてくれないと、(コールを求める事を)止めないので。
ーー他の皆さんは、そういう風に、自分のテンションが上がるかけ声的なものはありますか?
総史 あ、それすごく知りたい!
ryo このBANDを始めた当初に比べたら、だいぶお客さんに声を要求するようになりましたね。声を聴かせて欲しいってお客さんに直接言って、それで大きく声が返ってきたら、俄然テンション上がりますよね。
 そうですね。
ryo 声を出す行為がステージまで届いて、(その思いが)自分の体に入ってくると思う。そうすると、自分では持っていけないところまで(気持ちを)持っていってくれますね。
 こっちが声出して、お客さんが声出して、っていうぶつかり合いは、いつまでたってもライブの定番というか。ライブの醍醐味ですね!!


ーー今日はボーカリスト対談という事で、そこをテーマに広げていきたいと思うのですが,皆さん、煙草は吸われますか?

ryo 吸わないです!sono.jpg
総史 あ、本当ですか?僕も吸いませんが。
ryo 元々吸ってたけどね(笑)。
 (やめたの)去年です。
ryo 俺はやめてから5年だ。
総史 5年!! まじっすか!?
ryo うん。全然吸ってたよ。中学ぐらいの時から。でも、煙草やめると、歌ってる時に痰が絡まないの。
 そうそう! そうなんですよね〜!! それが(煙草をやめた)一番の理由ですね。
ryo これは(吸うか吸わないかで)デカい! と思って。
 吸わない方が、トップスピードに行くまでが早いですよね。
ーー喉のケアはどうしてますか?
 僕は、ライブ前にはメンバーから貰った吸引機みたいなのでプシューってやるのと、龍角散スティックっていうのがあって。
ryo あ! 俺も持ってる!!
 ryoさんも持ってます? 薬みたいにサラサラっとしてるんですけど、実は薬じゃないっていう。水無しで飲んでも、喉がちょっと潤うっていう。それはなんとなく気持ちが落ち着くんで使ってます。
ryo 俺は昔、先輩に教えてもらって「からうがい」っていうのをやっているんだけど。
 からうがい?
ryo 勝手に言ってるんだけどね。「ア゛ァァァ〜〜〜〜」って声帯をわざと鳴らすの。嗄れているところが綺麗に出なくなるの。
総史 「呪怨」(貞子が出す声)みたいな事ですよね?
ryo そうそう! 声帯って筋肉だから、筋肉が張っている状態だと、空気が綺麗に流れないから声が擦れるって仕組みなのね。だから声帯の筋肉を引っ張って、空気をわざと通して声帯を振動させる。すると声がめちゃめちゃ出るの!!
総史 超分かります!! 喉のケアの仕方で「雄叫び」っていうのがあるんですよ。
ryo     地方によって呼び方が違うのかな?
総史 僕、ボイストレーニング通ってるんですけど、そこで教えてもらったのが、雄叫びっていうんですよ。あと、生姜紅茶。蜂蜜入れて飲むんですけど、風邪もひかないし、声帯にも良いし。
ーーシーチキン缶の油だけ飲んでる人もいますよね。
総史 あ! いるいる!
 えー! それ、無茶な方法ですよ。 
総史 そういうのって、ライブの前だけやっても意味ないんですよ。毎日続けないと。


ーー今日、新宿LOFT でライブを行ってみて、いかがでしたか?

 僕は今日、LOFTさんでライブをするのは初めてだったんですが、客席の奥までお客さん居ましたし、凄くやりやすかったです。ただ、うちのSEが止まった事だけが悔やまれます(笑)。いつもは大丈夫なCDなんですが、何故か今日だけ止まったんですよね。初めてです(笑)。
ーーうちのデッキの調子が悪かったのかもしれませんね。
 いや、デッキとCDの相性とかもあると思うので…。
総史 実は僕もライブ中にMTRが止まったんですよ。 
 うお〜っ!今日は、何かがありますね〜(笑)。
総史 それで余計なMCしちゃったんですけど(笑)。
ryo 俺は今日MC出来なかったな。
一同 爆笑
ryo ツアーの告知もし忘れてるし、お客さんに伝えようと思っていた事をライブの前に考えてたんだけど、ことごとく言えてなくて、「楽しんで帰ってくださーい!!」みたいな事しか言えなかった。機材トラブルじゃなくて俺がトラブルになってた。
一同 爆笑
ーーryoさんは久し振りにLOFTのステージに立って、何か変わった事とかありましたか?
ryo (PA)卓、変わりました??

ーーそうですね。デジタルになりました。 
ryo LOFTが西新宿にあった頃、一度出演した時と、歌舞伎町に移転してからmaster+mindで2回出させて頂いてるんですが、毎回何かが変わってますね。今回の変化は、モニターからの返りが凄く明瞭で、普段のライブでは聴き取れない音が聴けちゃって、逆にあせっちゃいました。モニターの上に足下ろしていいのかなぁ〜って。だから、ちょっとライブの前半は硬かったかな〜。後半は楽しくやれました。
 リハの時よりもお客さん入った時の方が、(会場が)広く見えましたね。
ーーLOFTのステージは天井が低くて、出演者さんに「照明が熱い」とよく言われるのですが、大丈夫でしたか?
ryo 今日、冬用の衣装着ちゃって! ファーのストール巻いて、次バラードなのに、汗ぼたぼたになったので、それはちょっと失敗したな〜。
 僕、いっつも汗だくなので、いつも通りな感じでしたね。
総史 僕は大丈夫でしたよ。いつもは汗かいてるんですけどね。
ryo クールですね!
総史 いやっ!! 気持ち的にはいつも通りだったんですけどね。あっ!! 分かった!! 今日から新しい衣装だったんですけど、凄い首を回しづらくて、動きづらかったんで、それが汗をかかなかった理由かもしれませんね。


ーーボーカリストとして、表現者として、伝えていきたい事、伝えたい事はありますか?ryo.jpg
ryo このBANDになってから特に、自分が信じられるものをやろうと決めて、メンバーと一緒に話しながらやってますね。歌詞についても、オブラートに包んだり、わりと抽象的な言い回しに焦点をずらして、どういう風な解釈でも出来るようにしているんですけど、その時その時で、世界観といわれるものに嘘が無くて、自分がそこを信じられるようにしよう! っていうのが、自分の中でのルールなので。そのルールに乗っ取った上で、「自分達の演奏」と「声」と「ステージの雰囲気」でお客さんがどう思ってくれるかは委ねる。(曲を)作って、(皆の前で)出すまでが、自分たちの領分。伝えようっていうのは、伝わるべくしてあったもの。(自分達は)伝わるまでを高める。そこから先、伝わるかどうかは受け手側に任せる、というスタンスでやってます。
 摩天楼オペラの詞は、聴いてる方が共感出来るものっていうのが、大きな軸にあったんですが、最近はそれプラス、主人公が勝手に歩き出しちゃう事があるので、それに沿って、曲によっては主人公になりきって歌うっていうのがガンガン出て来たかなぁ〜っていうのはありますね。まず、基本にある、共感出来るであろう歌詞とメッセージ的なものと枝分かれしていて、一人歩きをする主人公とメッセージソングがあるような。僕の場合は共感を得るっていうのもあるので、逆にオブラートに包まず、はっきりと、言い切ってしまうような表現方法が多いですね。(例えば)生きるのが辛い、とかをオブラートに包みたくもなるんですけど、そこはもう、生きるのが辛いって言い切ってしまおう! というような事が、摩天楼オペラとして、当初から意識して書いている事です。
総史 俺はボーカリストとしても未熟だし、経験も深くないんですけど、お客さんを引き付ける力って、多分生き様だと思うんですよ。そこに共感するし、魅力を感じると思います。だから俺の見た目とかルックスとかに対してかっこいいとか言わ れても、別にそこまで嬉しくない。要するに、生き様(内面)から来るものが、ステージに繋がるわけだから、自分のバックボーンに沿って、しっかり自分を研究していく事が重要です。歌って精神論じゃないですか。精神で色々変わっていくものだと思うんで、そこをしっかり土台作りしてから、やっていこうかなっと!! 今はまだまだなんですけど。はいっ! すみませんでした!! 超偉そうな事言っちゃって(笑)。


ーーボーカリスト同士で、こういう時どうしてるんだろう? 等、お互い聞いてみたい事はありますか?
総史 ダダッダダッ ダダッ ダ ダーダンッ!! みたいなの、あるじゃないですか?
ryo 決め?
総史 まぁ、決めなんですけど、ドラムのフィル。
 フィル? 何だろう??
ryo もうちょっと言ってみて!
一同 笑
総史 ダダッダダッ ダダッ ダ ダ ダーダンッ ダダッ ダダッ ダ ダッ ダ ダーダーダーン!! っていう最後のダーン!! ってsoushi.jpgいうところでポ−ズとったりするじゃないですか? そこに行くまでに僕は何かをしたくなっちゃうんですよ。でも、乗りづらいし、体を動かしにくくて、最後の決めに行くまでの間が持たないんですよ。
ryo その間、どうしてるかって事??
 立ってるわぁ。
一同 爆笑
 多分、ダダッ ダダッ っていうリズムに体を合わせたらかなり面白い事になる気がする(笑)。
総史 そうですよね!!
 それまで堂々と立っているか、最後のジャーン!! まで、手を上げて待ってるか。とりあえず、体勢をキープしてるかな。
総史 そこにフルパワーな自信が持てないんですよ。おそらく、その自信なさげなのがお客さんに伝わるから空気が淀むというか…。
 直立不動でいいんじゃない?
総史 (ポーズをとって)こういう感じですか?
 そうそう! で、テンション上がった時に腕を上げたりすればいいんじゃない? 
総史 なるほど!! 戴きました!!
一同 笑
ーーryoさんはどうしてますか?
ryo 俺は何もしない。お客さんも一緒にやれて楽しい、みたいな振りとかも殆どしなくて、その時の場の空気とか、自分の視界の中で絵が映ってるから、自分はその絵のピーズの中ではこういう位置、みたいな。例えば、ポーズだったり、表情だったり、ニュアンスだったり、っていうのを出来るだけキチッと嵌るような形で考えてるから、事前には考えて無くて、何となく「あ、下手が薄いなぁ」と思ったら下手に行って何かやったり、決めは当然(音に)合わせるけどね。何が起こるか分からないから、「今日は何してくれるんだろう、この人達!」「今日はこんなものが観れた! これがライブか!」と思って欲しいっていう。でも、決めは決めで良いと思う。お客さんから意外性(即物的)なものを求められる場合もあれば、ここではこう来て欲しいっていう場合もあるからね。こうであって欲しいっていうものに応えるのもフロントマンの仕事だと思う。だから、自信が持てないっていうのであれば、自分の中で白黒はっきりつけてやった方が、お客さんも安心して観れるだろうし。
総史 スーパー中途半端でした。最後のターンで誤魔化したりしてました。すみませんでした!!
一同 笑


ーー最後に、お客様へメッセージを。taidan.jpg
 今回、メジャーデビューという節目で、摩天楼オペラのカラーを崩さない一作品を出したので、基盤はここなんだっていうのは皆分かっていると思うので、今年はそこをちょっと深く掘り下げます!摩天楼オペラの世界観はどんどん深くなっているよ、っていうのは期待していて欲しいですね。
総史 告知になっちゃうんですけど…やっぱやめとこう! 面白くないよね。
 あはは! 大丈夫! 大丈夫!(笑)。
総史 俺達のデジロックサウンドを聴け!! でいいです。こういうのって俺ごときが何か言っても多分説得力ないので(笑)。ライブに来て下さい!!
ryo  master+mindって首謀者って意味合いがあるじゃないですか。 俺らがこのイベントに参加するにあたって、自分のマインドを支配する事が出来る。自分の人生を決めるのは自分だから、自分が選んで、自主選択して、この生き様で良いんだって言える音楽活動をやって行こうと深く思ったので、全部出そうと思います。迷いが無いので。そこを見て頂ければ嬉しいかな。


■9GOATS BLACK OUT
http://9goats.net/

■摩天楼オペラ
http://matenrou-opera.jp/

■少女-ロリヰタ-23区
http://www.lolita-23q.com/
posted by master+mind | TrackBack(0) | ・web Real Relate

この記事へのトラックバック