EVENT REPORT

2009年2月21日(土) #10「master+mind 〜sense of sechs〜」

0221_mm.jpg
ついにやって来ました!master+mind〜sense of sechs〜!チケット完売です!ありがとうございます!!lynch.、9GOATS BLACK OUT、lloy、openingという、第六感を刺激するような素敵なバンドばかりのイベントが出来て、こちらも嬉しい限りでございます!

もう会場ははち切れんばかりに入ったお客さんの熱気と期待感に満ち溢れています。良いですね、この空気。名前も知らないたくさんの人と同じものを待ち焦がれているこの感じは、やっぱりライブに来ないと味わえませんからね!

さて、まずはフロントアクトのopening。
彼らは、LOFTスタッフを含む4人組のピアノエモ・インストゥルメンタルバンド。正直openingはこんなにたくさんのお客さんの前でライブをするのは初めてだし、アウェイ感もあったと思うので、こちらとしましてもだいぶ「吉と出るか、凶と出るか」という賭けのような気持ちもありました。ですがやってくれました!ピアノは跳ね、時には感情のままに泣き、ベースは歌い、激情をかき鳴らすギターと、静と動を生み出すドラム・・・アウェイ丸出しになるかと思いきや、その時会場内はopeningの世界へと変わってました。後ろから観ていたのですが、人と人の隙間からノッているお客さんが見えたのも嬉しかったです。このライブで演奏した「黙」「時間」「ホオズキ」を含む全6曲入りファーストアルバム『黙』は現在好評発売中なので、気になった方は一家に一黙いかがでしょうか?我が家にもあります。そして3/31にまたLOFTでライブがありますので、是非遊びに来てみては?
0221_opening1.jpg 0221_opening2.jpg 0221_opening3.jpg

そして次に登場したのは9GOATS BLACK OUT。
お客さんのメンバーを呼ぶ声に緊張感も高まります。静かに1曲目「sink」が始まると、空気が一気に9GOATS色に塗り替えられていくように感じました。世界観のあるボーカルとサウンドが、まるで美しくも悲しい物語を読み進めるように聞こえ、頭の中には自然とストーリーが浮かんでくるような、そんなライブでした。個人的にはベースの音が好きで、注意して聴き入ってしまいました。メロディーもとても美しくてしばらくずっと耳に残りました。
0221_9goats1.jpg 0221_9goats2.jpg 0221_9goats3.jpg

3番目はlloy。
オープニングのSEの映像から独特な雰囲気を醸し出していて、思わず鳥肌が立ちました。骨太でシンプルな音に、甘くキュートな歌声。そのギャップがたまらないです。1曲目「STALIN」の曲の雰囲気のまま、エキセントリックなイメージでライブが進むのかと思いきや、全然そんな事はありませんでした。また色んな表情がある中でも、どの曲にもlloyフィルターが掛かっていて、ダークで妖しげで艶めかしく、暗い照明と相まって、非日常的な不思議で心地良い感覚を味わいました。
0221_lloy1.jpg 0221_lloy2.jpg 0221_lloy3.jpg

そしてトリを飾るのはlynch.。
もうお客さんの盛り上がりっぷりが最初からスゴイです。重低音の効いたスピード感のある音とお客さんの一体感に、私のテンションんも上がってしまいます。もちろんライブは文句無しにカッコイイ!血が騒ぎ、肉が躍る感じがします。これがまた息をするようにライブをするとでも言いましょうか・・・それぐらい自然にバンドとお客さんとの凹凸が絡み合っていました。そして完全に手前味噌で申し訳ないのですが、MCで「久しぶりにライブハウスらしいライブハウスなんで、お前等今日死ぬ気で踊り狂ってください!」とおっしゃってくれていたのが嬉しかったです。
0221_lynch1.jpg 0221_lynch2.jpg 0221_lynch3.jpg

今回のイベントを振り返ってみると、それぞれのバンドどれもが唯一無二の存在感を放ち、それが良い化学反応を起こして、観ている側がとても良い刺激をもらったような気がします。

次回、4/5(日)のmaster+mind〜Glamorous Rock Heart〜も、そんな刺激的で楽しめるイベントになる事間違い無しなので、是非是非足を運んで下さいな!


■master+mind実行委員会:ナカジマ
※pix:アカセユキ(www.yukk.info)
posted by MIYUKI | TrackBack(0) | EVENT REPORT

この記事へのトラックバック